私はホワイトデーに手作りクッキーを彼女にお返ししました。喜んでくれた話。

初めて彼女が出来たのは20代になってから。

交際を始めてから4ヶ月後にバレンタインがありました。

チョコレートもらいました。

そのため、1ヶ月後のホワイトデーにはお返しをしなければなりません。

私は、

「ん~。何をあげるべきか?しっかりと気持ちが伝わるものでお返しがしたい!」

と考えており、その結果“手作りクッキー”をプレゼントすることに決めました。

ここでは、その様子について書いていきたいと思います。

男がクッキー作るのって女々しい感じもするけど、気持ちを伝えたかったからクッキーを手作りした

初めての彼女、そして初めてお返しをするホワイトデー。

彼女がバレンタインデーに手作りのチョコをくれたということもあり、私もどうにかして気持ちが伝わるお返しをしたいと思っていました。

ただ買って終わりでは、なんだか薄っぺらいように感じたのです。

それならと、クッキーを手作りしてあげることに決めたのです。

レシピは「クックパッド」を参考にした

クッキーを作るといっても、レベルの高いものは作れません。

料理も出来ない私がどんなクッキーを作ったかというと、かなりシンプルなクッキーです。

もう少し詳しく言うと、

  • 味は無塩バター
  • 形は家にある型(星型や動物の形)を使った
  • 焼く前にクッキーの上にざらめを振りかけるもの

でした。

レシピについては、「クックパッド」を使わせてもらいました。

薄力粉や小麦粉を使ってクッキーを作るとなると、無塩バターをしっかりと混ぜるのにかなり時間がかかり、また、かなり力が要ります。

(私は薄力粉を使用した方法だったので、かなり疲れました)

楽にクッキーを作りたいのなら、ホットケーキミックスを使用したレシピを選ぶといいかもしれません。

ホワイトデー当日、サプライズを思いついた

無事クッキーを手作りすることに成功しました。

そして、これから待ち合わせに向かう時、駅にて、ホワイトデー用の売店が目に入りました。

この時、「手作りだけだとしょぼいから、軽く何か買っておこう」と思い、チョコレート(ゴディバ)を購入しました。

また、これを使ってサプライズをしようと思い付きました。

手作りクッキーをあげた結果、とても喜んでくれた

デートをし、そろそろお返しをする時間が近づいてきた時、私はこう切り出しました。

「いい知らせと悪い知らせがあるんだけど、どっちから聞きたい?」

彼女は「悪い知らせから聞きたい」と言ってきました。

(大抵、悪い知らせから聞きたがるので予想通り)

私「お返しは手作りにしようと思ったんだけど作れなかった。その代わりチョコレート買ったよ」

彼女はそれでも嫌な顔せずにチョコレートを受け取ってくれました。

続いて、

私「いい知らせは、今の悪い知らせは嘘だってこと」

と言い、手作りクッキーを渡しました。

彼女はビックリしてくれ、1枚食べたあと、「家に帰ってゆっくり食べる」と喜んでくれました。

「おいしいし…。私より女子力あるし…」とも言っていましたw

こうして初めてのホワイトデーは成功したのでした。

その後のホワイトデーは手作りではなく、買った商品をあげるようにはなりましたが、とてもいい思い出です。

3年経った今も交際は続いているので、男が手作りクッキーを作ってあげても大丈夫だと思います。

(人によるとは思いますが)

恋活おすすめサービス

恋活おすすめサービス

私の周りでもカップル誕生のpairs

pairs

ペアーズは利用者数が多いので、マッチング率が高いです。これまで出会いがなかったあなたも、異性とデートをすることが出来ます。楽しい時間を過ごしながら、気の合う恋人を作りましょう。

※女性は利用料無料!

公式サイト⇒Facebookで恋活・婚活【pairs】

我流!ペアーズの上手な使い方とコツ

ひとりNGな相席屋の潜入レポート!口コミ・デメリットをブログでご紹介!

彼氏・彼女が欲しい時に便利なアプリを紹介!

Sponsored Link

フォローする