Apple Watch(アップルウォッチ)の使い道って何?私が使いたくない理由

アップルウォッチが2015年4月24日に発売することが決まりました。

Appleから新製品が出るということで世界中から注目を浴びていますね。

しかし私はこうした腕に付けるタイプのデバイスは使いたくないなと考えています。

今回はその理由を書いていきたいと思います。

1番はデータ通信費がさらにかかること

データ通信端末ならスマホだろうが腕時計型であろうが、1つにつき通信費がかかります。

そして通信費はほぼスマホと同じだろうと考えます。

そうなると、ただでさえスマホ代が高いのに、さらに月にかかる費用が増えてしまいます。

そんなに払えません。

腕時計を毎日充電するのが面倒くさそう

アップルウォッチは18時間使えるということですが、それでも毎日の充電は必須です。

面倒くさいです。

充電する機器はスマホ1個で十分です。

使う姿を想像するとダサい

使う時はアップルウォッチを付けている腕を胸の高さくらいにまで上げて操作するのでしょうが、なんだかダサい気がします。

あと、片方の手がふさがっていたら使えないですよね。

スマホなら片手で使えるのに。

あんな小さい画面で何が出来るの?

あんなに画面が小さいとネットサーフィンはまず出来ないでしょう。

また、文字を打つにしても押しにくそうです。

そのうち「音声認識機能によって、話しかけるだけでメールもラインも返信できる」ようになるかもしれませんが、周りに人がいたら内容がバレてしまうので私はそんな機能があっても使いたくありません。

使える場面が少ない

いざApple Watchを使おうと思っても、使える場面はプライベートに限られると思います。

仕事中に付けていたら怒られそうですし、例えば重要な会議の時にLINEなどプライベートなメッセージが届いて表示されたら気まずいです。

スマホがあれば十分な気がする

Apple Watchがあったとしても、その機能はほとんどiPhoneと同じではないでしょうか?

それならポケットからサッとスマホを取り出して使うのと同じです。

今「歩きスマホ」が問題になっていたりするのに腕時計型デバイスを身に付けるようになったら「歩きウォッチ」が出現しますね。

これまた問題として取り上げられそうです。

あと「チャリウォッチ」とか「運転ウォッチ」とか「妖怪ウォッチ」とか

もっとオシャレな腕時計がある

Apple Watchは近未来的でデザインはいいと思いますが、オシャレとして身に付けるならもっといい腕時計があります。

それは、ベルギー発のファッションウォッチブランド「ICE-WATCH(アイスウォッチ)」です。

カラフルでシンプル、それなのにセンスがある腕時計です。

個性的でもあるため、オシャレな腕時計がほしいと思っている人は、こうしたお店で購入すればいいと思います。

オシャレ具合ハンパないのでかなりオススメです。



Sponsored Link

フォローする