暇つぶしがしたい人の休日の過ごし方。やる事ないなら作ればいい!

私は趣味を持っている人をうらやましく思います。

なぜなら私にはこれといった趣味がないからです。

だから休日もなんとなく終わってしまい、少しむなしいこともあります。

そこで、どうしたら充実した休日が過ごせるか考えてみたいと思います。

自分に時間の制約をかける

人はある程度ルールに縛られ、そのルール通りに動いたほうが充実感を感じるのではないかと思っています。

例えば、

  • 休日でも7時までに起きる
  • 14時に外出してDVDを借りに行く

などです。

いくら休日だと言えど、こうした決まりを作って、それをクリアすることで達成感・充実感を味わえるようにするのです。

私は休日になると、

「休日だから好きな時間に好きなことをすればいいや」

と考えがちでした。

しかし、それだと何にもせず1日が終わってしまうんです。

だからあえて休日に制約・ルールを作るのです。

ツタヤかゲオに行く

DVDを借りてきましょう。

何でも見たいもので良いですが、傑作映画も考えてみてください。

  • ショーシャンクの空に(自由を求める執念、将来を見据えた行動、どんな場所でも自分の能力を最大限に生かすことを学べる)
  • カーズ(子供向けの映画だと思われがちですが、仲間の大切さを学べるとても良い映画)

カーズは観る前、「子供の映画だろう」と舐めてましたが、案外良い映画で感動しました。

試しに昼間から友人を飲みに誘ってみる

むちゃぶりです。

普通でしたら遊んだあとに〆で居酒屋ですが、お昼から友人と酔っぱらうことで異色な1日を過ごすことが出来ます。

ただ、充実するかは定かではありません。

むりやり趣味を作ってみる

趣味を持っていれば休日の暇つぶしに悩むこともないと思います。

だから趣味を作ってしまうんです。

  • ドライブ
  • 量販店へ家電を見に行く
  • 朝から喫茶店に行って優雅に過ごす
  • 皇居の周りをランニングする

など、試しにやってみましょう。

普段興味のないニュースをむりやり読んで視野を広げてみる

家から出たくない人は普段読まないジャンルのニュースを読んでみましょう。

知識が増えれば視野が広がって、「これからこういうことをしてみようかな?」と思い立つかもしれません。

教養が広いほうがカッコいいので勉強みたいなことをしても良いと思います。

チャリで冒険してみる

普段行かない街へ向かって自転車を漕いでみましょう。

その際、行先に目的を持つことが重要です。

  • ○○で~~を食べる
  • ■■のお店に寄る

などです。

もし何もせずに帰ってきてしまった場合「結局今日何もしなかったな」とむなしくなることがあります。

私はそうでした。

ささいなことでも良いので行動あるのみです。

何かをし、それを達成出来た時には充実感を味わうことができますよ!

恋人がいないから暇なんじゃない?

Sponsored Link

フォローする