全豪オープン2015男子決勝戦:ノバク・ジョコビッチvsアンディ・マレーの試合内容や結果、スコア(得点)。

本日NHKで、全豪オープンテニス2015の男子決勝、ノバク・ジョコビッチvsアンディ・マレーの試合が行われていました。

とても白熱した試合でした。

ここでは、その感想を書いていきます。

スコア

第1セット:ジョコビッチ7-6マレー

※タイブレークはジョコビッチ7-5マレー

第2セット:ジョコビッチ6-7マレー

※タイブレークはジョコビッチ4-7マレー

第3セット:ジョコビッチ6-3マレー

第4セット:ジョコビッチ6-0マレー

3-1でジョコビッチが優勝しました。

試合の内容について

第1、2セットはスコアの通りかなりの接戦でした。

途中相手のサービスゲームをブレークしても、あとで取り返すというような一進一退の展開。

印象的だったのは長いラリー戦です。

ジョコビッチは積極的に攻めるタイプで、マレーはじっくりチャンスを伺うような粘りのラリーでした。

最初のほうはジョコビッチが優勢で、このままいくのかと思っていました。

しかし、第1セットの第6ゲーム辺りでマレーのコースを突いたショットに、ジョコビッチが振られ、不本意な形で手をコートにつく状態となりました。

その時に右手の親指を痛めたようで、これまでのジョコビッチの勢いがなくなります。

そこからマレーは粘りのプレーを続け、ジョコビッチに追いつき、タイブレークとなったのです。

第1セットはなんとかジョコビッチが取りましたが、マレーのプレーは一貫性があって安定しています。

第2セットも第1セットと同じように、1時間越えと長引くことになりました。

第2セット中盤、次はジョコビッチが足を痛めたようでした。

ジョコビッチのプレーの特徴の1つに、“ハードコートでもスライドするようなフットワーク”があります。

通常なら足が滑らないハードコートですが、ジョコビッチの場合は足腰が強いからなのか、取れなそうなボールに対してもこのフットワークで届くことがあります。

しかしマレーの左右に打ち分けたボールに翻弄され、足がもつれて痛めたようでした。

ジョコビッチお得意のフットワークがしにくくなり、またもや勢いが弱まります。

第2セットのタイブレーク。

最初からマレーの優勢で、マレーの流れのまま進みました。

結果としてこのセットをマレーが取りました。

第3セットから徐々にジョコビッチの流れに変わっていきます。

2人とも良いプレーをするのですが、勝負どころでジョコビッチのオールラウンドなプレーが炸裂します。

前に踏み込んだボレーはかなりの威力がありました。

第3セットをジョコビッチが取り、勝負の第4セットへ。

ここからマレーの歯車が狂い始めました。

これまでのマレーのプレーはじっくりラリーをしてムリに攻めず、チャンスを待つものでした。

しかし、このセットに入ってからマレーが積極的に攻めの1本を打つようになったのです。

決まることももちろんありますが、同時にアウト・ネットも増えていきます。

また、力んでラケットにしっかり当たらないことも。

最終的にジョコビッチが勝利しました。

この決勝戦は本当に長かったです。

どちらもボールの読みが鋭く、相手の逆を突くのが難しそうでした。

そうなったのはきっとお互いに試合の戦略というものをプレー中にかなり考えているからでしょう。

ジョコビッチのドロップショット&ロブからマレーが反撃に出て逆転のポイントを上げている場面は、頭脳と粘りの最高のプレーでした。

テニスの試合は有料放送GAORAで行われますが、私は加入しているので、これからも楽しみに待とうと思います。

Sponsored Link

フォローする