第二新卒が土日休みの企業に転職する方法

第二新卒になると、「激務なブラック企業に転職してしまったらどうしよう…」と不安になることがあるでしょう。または、「前の会社が激務だったから次は土日が休みの会社に就職したい」と考えている人もいると思います。

私の友人にも激務な会社に勤めている人がいますが、休日出勤を強いられたり、これから連休でせっかく地元に帰って来たのに、真夜中に「明日会社に来てくれないか?」と上司から呼ばれたりと、ひどい扱いを受けています。

全く信じられません。

でも、そんな環境にずっと居続けると、友人にとってはそれが当たり前になるので、転職する気はないそうです。慣れって怖いですね。

ですがやっぱり土日に休みがキッチリあったほうが、ちょっとした旅行に出かけたり、祝日(有休)と組み合わさることでさらなる長期休暇になったりと便利です。転職するなら絶対、週休2日制の会社を選んだほうがいいです。

そこでこのページでは、第二新卒が土日休みの企業に転職するシンプルな方法を紹介していきたいと思います。

単純に週休2日制の企業を選ぶだけでは不十分

土日休みの企業を探したいなら、通常、求人情報を見て判断しますよね?

例えば、「週休2日制」「完全週休2日制」「年間休日数」などの文字から、その企業の求人状況を確認します。

一般人ならその方法で企業を探せばいいと思います。しかし、自分が第二新卒である場合は、そう簡単にいきません。

なぜなら、第二新卒はまだ十分な社会人スキルが備わっていないので評価されづらく、土日休みを徹底した優良企業に転職するのが難しいからです。

実際私も、リクナビNEXTでまぁまぁ大手の企業に面接を応募したら、選考を受ける前にお断りメールが来ました。それだけ第二新卒にとって転職は厳しいものなんですよね。

だから第二新卒は、土日休みで、かつ、第二新卒を受け入れてくれる企業をピンポイントで探さないといけないのです。これは一見難しそうですが、これさえクリアしてしまえば転職成功は目の前に見えてきます。

人の手を借りることで転職を有利に進めていく

どうしたら第二新卒を受け入れてくれる優良企業に出会えるのか?

これについては私は、人材紹介会社「就職Shop」を利用することで解決しました。今は第二新卒などの20代に特化した転職サイトがあります。そして、それを利用すると、専属のアドバイザーさんと一緒に転職活動を進めていけます。

イメージとしては民間企業版のハローワークです。面談を通して内定までサポートしてくれますから。

最初は正直、「本当にサポートしてくれるの?」と半信半疑でした。新手の詐欺かも?と思ったこともありました。

ただ、実際にサービスを受けてみると、しっかり話を聞いてくれますし、希望に沿った求人も紹介してくれるので、転職の負担がかなり減ったのを覚えています。また、求人も最低限の水準をクリアしているものばかりなので安心できました。

専属アドバイザーさんに「土日休みの企業がいい」と要望を言えば、それに当てはまる企業を紹介してくれますし、社風も把握してくれているので、自分で求人を探すよりも確実です。

まとめ

いくら求人情報に「土日休み」と書かれていても、残業が多かったり、実は休日出勤が多いところも隠れています。そうした実態を知るためには、人材紹介会社を通して本当の企業の姿を知る必要があります。

利用は無料なんですから、使えるサービスは積極的に使っていきましょう。

転職・就職活動

若者向け人材紹介会社

私も利用した「就職Shop」

就職Shop

支店は全国にあるので、多くの人が利用しやすい人材紹介会社です。就職Shopはリクナビを運営するリクルートのサービスであり、また、すべての求人に対して訪問調査を行っているので安心感と信頼性があります。うまく利用して穴場の優良企業を見つけましょう!

公式サイト⇒就職Shop

「ハタラクティブ」

ハタラクティブ

会社は渋谷と立川にしかありませんが、その分関東の求人を取り揃えている実績高き求人サイトです。親身なサポートと効率的なスケジューリングが高評価です。

公式サイト⇒ハタラクティブ

「DODA」

DODA

DODAは求人数が桁違いに多い、有名な人材紹介会社です。求人数は多いほうがマッチング率は高くなりますし、より良い条件の企業が見つけやすいのでおすすめです。

公式サイト⇒業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

Sponsored Link

フォローする