かまってちゃんの特徴・行動と心理について。見栄っ張りで自慢話が多い人は嫌われる。

世の中には様々な人間がいます。

その中でちょっと厄介なのが「かまってちゃん」です。

なぜなら、こちらが労力をかけて気を使わなければならないからです。

多少の見栄っ張りであれば許容できますが、毎回会った瞬間に“かまってトーク”を始められると嫌になってしまいます。

そこでここでは、かまってちゃんの特徴や心理について書いていこうと思います。

なぜに「かまってちゃん」なのか?

自分を話題にしてくれないから

かまってちゃんというのは、日頃から自分が話題になることが少ないです。

実際のところ、大抵の人は自分が話題にならなくても何も感じませんが、かまってちゃんに関しては「承認欲求」が強く、常に誰かに認められたいと思っています。

そのため、自分が話題にされないとその場にいる存在感を見いだせません。

かまってトークによって必死に「自分はここにいるんだ」という合図を送っているのです。

自信の無さの表れ

誰かが構ってくれることで「自分が主役、自分は人気者なんだ」という錯覚を起こそうとします。

だからあらゆる話で自分の話にもっていこうとします。

それも自分しか分からないような、周りが共感しにくいトークを始めてしまうのです。

こんなことをする理由はまさに自分に自信がないから。

無理にでも自分を話題にしたがっているのです。

自分に自信がある人なら、わざわざこんなことをする必要はありません。

ナルシスト

もともと自分のことが好きな人は自分の話をしたがります。

さらに、「みんなもきっと自分のことが好きだろう」と勘違いをしています。

そのため、みんなに自分の話題を強制するのです。

そして、皆が自分のことを話してくれている場面に酔いしれます。

1人で大満足していることでしょう。

積極的なナルシストはとても厄介者です。

かまってちゃんの特徴・行動

会った瞬間に「疲れた」アピール

これは本当に厄介。

会った瞬間にまず“疲れてる”雰囲気をかもしだしてきます。

人に聞こえるほど大きなため息などで…

そして毎回、「今日バイト○時間もして疲れた~」「さっきまで仕事で疲れた~」と言ってくるのです。

回避のしようもないので「そうだったの?」と聞き返すとペラペラと“疲れた武勇伝”を話し始めます。

聞いてるほうとしては楽しくもない話に萎え、疲れてしまいます。

苦労自慢をする人のうざい心理について。どうして不幸話をするのか?対処法はあるのか?

交際相手がいる場合、皆の前でやり取り・電話

少しでも自慢したいことがあれば、それをあからさまに皆の前に示してきます。

例えば、かまってちゃんが誰かと交際し始めた時。

「わざとか!」と思うくらい、皆の前で聞こえるように交際相手と電話を始めます。

“俺はリア充ですよ”“楽しいですよ”アピールをしてくるのです。

他人の幸せアピールを聞いているほうとしては、なんだか不愉快になってしまいます。

「自分が一番○○」と見栄を張る

かまってちゃんが“疲れた”アピールをしてきた時。

こちらが「俺も今日○○して疲れたんだよね~」と言ったりすると、すぐさま対抗してきます。

かまってちゃん:「え?それでも○○は※※だからそんなに大変じゃないよね。俺なんかずっと△△だったもん」

まるで火に油を注ぐようなものです。

このようにかまってちゃんは「自分が一番。自分こそかまうべき対象だ!」と言わんばかりの言動をしてきます。

聞いているほうとしては、そんなこと知ったこっちゃないのでどうでも良いのです。

せっかく会話をするなら、お互いが盛り上がる明るい話をするほうが楽しめます。

かまってちゃんは自分以外の内容で、人を惹きつける会話が出来るようになるべきだと思います。

あなたの彼氏は尽くすタイプ?重いタイプ?尽くしてくれる男性の特徴・行動や心理について。

かまってちゃんですぐ拗ねる彼氏の対処法・対策。

彼女がかまってちゃんの場合、どうすればいいのか?対策・対処法を考える。

恋活おすすめサービス

恋活おすすめサービス

私の周りでもカップル誕生のpairs

pairs

ペアーズは利用者数が多いので、マッチング率が高いです。これまで出会いがなかったあなたも、異性とデートをすることが出来ます。楽しい時間を過ごしながら、気の合う恋人を作りましょう。

※女性は利用料無料!

公式サイト⇒Facebookで恋活・婚活【pairs】

我流!ペアーズの上手な使い方とコツ

ひとりNGな相席屋の潜入レポート!口コミ・デメリットをブログでご紹介!

彼氏・彼女が欲しい時に便利なアプリを紹介!

Sponsored Link

フォローする