完璧主義を治したい時の改善方法。長所や短所、生きづらくなる原因について考える。

「自分はおそらく完璧主義だと思う」

「完璧主義は全然良くない。治したい。もっと気楽に行動したい」

私はよくこんなことを考えます。

そして少しでも改善をしたいと思っています。

そこで、ここでは完璧主義について考えていきたいと思います。

完璧主義の長所と短所を考える

長所

責任感がある

友達との約束はしっかり真に受けて守ろうとします。

また、仕事上でも任されたことは期限までにしっかり終わらせようとします。

よく考えてから行動に移す

思い付きでどんどん行動しようとはせずに、しっかり計画を立てます。

慎重派です。

余裕を持った行動を心掛ける

どんなこともしっかりこなそうとするので、その分時間に余裕をもった行動を心掛けます。

人に迷惑をかけないようにと努力する

完璧に近い行動を理想としています。

そして“人から褒められたい”、“人に迷惑を掛けたくない”とも思っています。

短所

失敗をすると自分を責める傾向にある。反省ばかりする

基本的には完璧を求めるので、失敗をすると他の人以上に反省をします。

そして何度も失敗を繰り返すと、出来ない自分が許せなくなり、自分で自分を追い込んでしまいます。

フットワークが軽くない

慎重になり過ぎて、“思い立ったらすぐ行動”が出来ません。

失敗を恐れるため、行動が遅くなってしまうと思われます。

計画していたことが出来ないと分かると、途端にやる気をなくす

完璧主義は、どんなことも自分の決めた計画通りに進めようとします。

そのため、

「今から始めると、時間通りにこなすことができない」

「もう計画通りに事を進めることが出来ないのは明らか」

と分かると、一気にやる気がなくなることがあります。

それだけこよなく“完璧”を愛するということです。

改善方法について考える

完璧などないことを悟る

どんなこともそつなく出来ればもちろん良いですが、私はたくさんの失敗をしながらここまで生きてきました。

きっとこれからも様々な失敗をし続けるでしょう。

完璧などないのです。

そのため、これからまた何かを失敗しても、その中から褒められる箇所を探して、なるべく自分のことを褒めるようにしたいと思います。

人は周りに迷惑をかけながら生きていく。だからどんどん周りに迷惑をかけようと思う

私が失敗ばかりで切羽詰まっていた頃、ちょうどテレビでこんな言葉を聞きました。

「人は周りに迷惑を掛けながら成長していく。だからどんどん迷惑をかけていい。ただし、その分あとで恩返しをする」

これを聞いた時、気持ちが軽くなりました。

私はそれまで失敗は、してはいけないもの・罪なものだと考えていました。

でも、今はどんどん失敗していいし、人に迷惑をかけていい。

その分はあとで返せばいいんだと思えるようになりました。

すると、どんなことも迷惑をかけるつもりでするようになったので、比較的すぐに行動に移せるようになりました。

私は、完璧主義はかなり損をする性格だと思っています。

改善するには、失敗することに慣れ、失敗を恐れないほどの勇気を持つことが必要だと思いました。

Sponsored Link

フォローする