私は第二新卒として転職をして後悔したことなどない!

転職・就職活動

「第二新卒が転職をすると、後悔しない?」

「第二新卒の転職なんてうまくいくの?本当は転職しないほうがいいんじゃない?」

 

こんなことを思っている人もいるでしょう。

 

私は、直属の上司と人間的に合わず、会社を退職して第二新卒として転職活動を開始しました。しかし、結果として、この転職を後悔したことなど一度もありません。

 

むしろ「転職して良かった!あのまま会社に居続けたら精神的におかしくなっていた!」と感じています。

 

そこで今回は、転職して後悔する第二新卒と後悔しない第二新卒について考えていきたいと思います。

後悔しない第二新卒とは?

人間関係に苦しんでいる人は転職しても後悔しない

結局仕事は、人間関係が一番重要だと思うんですよね。

 

正社員だってアルバイトだってパートだって、自分にとって居心地の良い職場であれば、仕事が辛くてもやっていけます。なぜなら、仕事が辛いときは周りの同志が助けてくれるからです。だから頑張れます。

 

しかし、職場の人間関係が悪ければ、嫌いな人と同じ空間で働いていることが苦痛なので、たとえ楽な仕事でも辞めたくなります。

 

なので、人間関係に苦しんでいる人は、その場から逃げ出したいはずですから、転職して後悔することは少ないでしょう。

後悔する第二新卒とは?

仕事にやりがいを求めている自信たっぷり意識高い系

「今の仕事よりももっと自分に合った仕事があるはずだ!」

 

こんな風に考えて転職活動をしてしまった人は、後悔をすることもあるでしょう。仕事なんて極論、お金を稼ぐためにやっているんです。もし手元に10億円があったとしましょう。仕事をしますか?しないでしょう。

 

人間はそんなに頑張り屋ではありませんから。

 

どんな仕事だって、その仕事特有の大変な部分があり、そこを乗り越えていかなければ大きな成果は得られません。また、どんな仕事だって飽きが来ますから、理想ばかり追いかけていると、いつか燃え尽き症候群でダメになりますよ。

まとめ

今の私は、転職をして本当に良かったです。

 

毎日ストレスの元であった上司から離れることが出来ましたから。しかも、よく考えてみたらその企業はサービス残業しまくりで、完全なるブラック企業でした。

 

後悔するのは、今の会社(or前職)に少しでも未練があったからです。未練がある間は、“転職”という思い切った行動は避け、「この会社で働き続けてもいいのでは?」とよく考えてみること。

 

そして、ジョブカフェや人材紹介会社で転職の無料相談を行い、今の自分で納得のいく転職が出来そうか・自分が行きたくなるような求人があるかどうか、話し合ってみましょう。

 

転職を急ぐ必要がないなら、時間をかけて考えてください。