ネガティブ・マイナス思考を改善したい?そんな思考にも良いところがある。3つの利点。

自分はマイナス思考だ…

あぁ~やっぱりダメだ…

どうしたらいいんだろう…

こうした考えが長く続くようであれば、残念ながらあなたはネガティブ・マイナス思考の達人です。

しかし、悪いことばかりではないんですよ!

ここでは、ネガティブ・マイナス人間の3つの利点について書いていきたいと思います。

それはあなたの個性!ネガティブだから何が悪い!

「あーこのままで大丈夫なんだろうか…」

と考えてしまうのは、実は誰にでもあることです。

いくらポジティブな人間に見えたって、1人の時には悩んでいます。

完璧な人間はこの世にいない。

誰しもツラい壁にぶち当たることはあります。

悩むということは、その場から逃げることをせず、向き合っている証拠。

本当に弱い人であれば、すぐに逃げ出してしまうでしょう。

そう、あなたは頑張り屋なんです。

そして、それがあなたの個性!

「これが自分なんだ」と認めてあげましょう。

ポジティブ思考にはない、危機回避能力がある!

自分をネガティブだと考えている人は、物事に対してよく考えます。

これはとても良いことです。

ポジティブな人というのは、どんな局面でも「大丈夫だろう!」と勢いで突き進む傾向にあります。

その問題が勢いで解決出来ることであれば良いですが、世の中そんなに簡単には出来ていません。

行くところまで行って、取り返しのつかないことになってしまったら大変です。

逆にネガティブな人はどうでしょうか?

何かをする前に失敗した時のことを考えます。

もう、こうしたクセがついているんですね。

この思考はとても良いことで、事前に物事をよく考えることで、将来訪れるであろう危機を回避する可能性が高まります。

どうですか?

これはポジティブ・楽観主義に勝っている能力です。

ネガティブ思考は将来の最悪な事態を想定し成長する!

人は「何かを成し遂げたい」というポジティブな野望で成長します。

ただ、成長の原動力はそれに限りません。

例えば、学校のテストを例に挙げてみましょう。

Aさんは、「テスト勉強しなくてもどうにかなるだろう」と安易に考えていました。

Bさんは、「テストでいい点が取られなかったら、2年後の受験の結果に響くことになる、あー先が思いやられる。勉強したくないけど、やらないと…あー嫌だ…」

Aさんのような考えの人は勉強しないです。

しかし、BさんもAさんと同様勉強は嫌いでも、嫌々します。

結果、Bさんの日頃の努力の積み重ねは無駄にはならず、大きな結果を残す可能性が格段に上がります。

これも“将来の最悪な結果を想定する”ことが出来るネガティブ思考のおかげです。

あなたが勝手にポジティブ・ネガティブと判断しているだけで、実際はそういう人はたくさんいます。

そういう感情を我慢して表に出さないだけです。

また、上記のように良いこともたくさんあります。

ネガティブは優れているのです。

無理に直す必要などないと思います。

あなたにはあなたなりの道があり、それを選んで進んでいけば良いのですから。

Sponsored Link

フォローする